薬棚

腹診による本物の漢方薬

漢方医学の本道を一筋に

薬膳茶

​漢方・和漢薬・生薬

天心堂

漢方薬局

天心堂について

​腹診による良質の漢方薬で、一緒に治しませんか

天心堂では『万病は腹に根ざす』という考えにより、腹診を重要視して漢方薬の処方を決定しています。私は、東京薬科大学2年時より、故荒木正胤先生※の施術を見学し、腹診、脈診法の手ほどきを受け、以来44年間 漢方一筋に今日までやってまいりました。

漢方薬は煎じ薬が効果的です。化学薬品とは違い、丁寧な作業で有効成分をじっくり引き出し、体におだやかに、そして吸収しやすくするのです。

また、天心堂では煎じる手間を引き受けております。専門家による確実な抽出が好評で、地元、広島全域、岡山・山口の近県はもちろんの事、関西遠くは関東在住の方々にも服用されています。

​※処方はご来店頂ける方のみ対応させていただきます。

※ 荒木 正胤   (1906-1975) 漢方薬の権威。著書に『漢方問答』など

水の波紋

なぜ漢方なのか

そして、なぜ天心堂なのか

漢方薬の一般的なイメージは、「体によさそう」「効き目が穏やかでやさしそう」「副作用がなさそう」・・・などポジティブなものがある反面、効き目がわかりにくそう、長く続けないと効果がなさそう、不味そう(笑)など、ネガティブなものもあるのではないでしょうか。

​しかし、薬剤師の資格を持つ私の視点から見ても、漢方薬とは突き詰めるほどに奥が深く、人の叡智と自然の恩恵を最大限に融合させる一つの”技”と考えます。

その一

漢方医学本来の薬効果の上げ方である、脈診、腹診を重視

その二

天心堂の先生が昭和の伝説の漢方家、荒木正胤先生の最後の弟子である

その三

不妊症、糖尿病、肝臓病、皮フ病の方の相談が多く、実績を上げている

その四

漢方薬は体質改善が本来の目的のため、対処療法と違い根本治癒に近い

その五

漢方薬の反応や相性も丁寧に見て判断する熟練の技

腹診・煎じ薬について

漢方の神髄をきわめる

​腹診とは

腹診(ふくしん)は、日本で発達した漢方独特の診察方法です。

腹部には、様々な体質を反映する所見が現れるといわれています。
腹部の緊張の状態、どこに圧痛や抵抗感があるかなどをみて判断をしていきます。

腹診1
煎じ薬

煎じ薬

漢方薬は煎じ薬が効果的で施術効果を上げる事が出来ます。
でも毎日、家庭で煎じるのは大変ですよね。当、天心堂では、30日分の漢方薬をまとめて漢方煎じ器で煎じて、1日分ずつパックにしたものを提供しています。

渓流と苔

店舗概要

商号

漢方薬局天心堂

所在地

広島県福山市西町3丁目14-3

電話

070-1870-8844

駐車場

3台 駐車料金 無料

決済方法

現金のみのお取扱です

業種

漢方薬卸、漢方薬製造、漢方薬店、漢方薬・薬草、薬局

休業日

日曜日、月曜日、火曜日

施術相談時間

09:00~18:00